女子も油断できない?頭皮から出る加齢臭対策についてご紹介

加齢臭が発生する場所は様々なのですが、最近多くあるのが頭皮からの臭いです。
この頭皮から加齢臭がするケースは女性にも良く見られるので、油断していてはいつの間にか臭っていたなんて事になりかねないのです。
そこで頭皮からくる加齢臭対策について調べてみました。

・頭皮から加齢臭ってするものなの?

加齢臭の原因となるのが皮脂の酸化によるものです。
頭皮も皮膚の一部ですので、皮脂は分泌されており、加齢臭が発生してもおかしくありません。
加齢臭の元になる皮脂ですが、実は頭皮については分泌されやすいと言われています。
その理由は普段使っているシャンプーにあるのです。

・シャンプーが原因で皮脂が増えるの?

実は一般的に販売されているシャンプーとは高級アルコールが原料となっています。
高級アルコールといっても高価なものではなく、むしろ工場で大量生産するのに向いた成分になります。
この高級アルコールのシャンプーは洗浄力が強く、洗い終わった後の指通りなどもそこまでおかしくありません。
結果、安価に量産できる面と洗浄力が高いことから、一般的なシャンプーにはほとんど使われているのです。
しかし、この洗浄力の高さというものがネックになってきます。

・皮脂が増える理由とは?

では、どうして洗浄力が強ければ皮脂が増えてしまうのでしょうか。
これは洗浄力の強いシャンプーで頭を洗ってしまうと、本来必要となる皮脂まで洗い流してしまうからです。
皮脂を分泌する皮脂腺としても、皮脂がなくなってしまえば分泌せざるを得なくなるので、ふだんより多くなってしまいます。
皮脂が多く分泌されるようになれば、それだけ酸化する脂質が増え、加齢臭が強くなるという悪循環がまっていますので、十分注意する必要があるのです。
また、最近では朝シャンも一般的なっており、朝からシャワーを浴びて頭を洗う女性も多いでしょう。
この場合も、皮脂を余計に落としてしまうので、分泌量が増えてしまうのです。

では、必要以上に皮脂を洗い落とさないシャンプーはあるのでしょうか。
結論からお伝えしますと、オーガニック系のシャンプーなどが該当します。
男性のもので言えば、薄毛対策のシャンプーなどが皮脂を適度に落としてくれるでしょう。
これらのシャンプーでは洗浄成分に高級アルコールではないものが使われています。
大量生産ができないことから価格としては高くなりますが、頭皮の環境を整えるという意味ではとても役立ってくれるはずです。

布団やまくらに染み付いた寝具の加齢臭対策はどうしたらいい?

加齢臭とは衣服や寝具などに臭いが移ってしまうものでもあります。
そこで布団やまくらに染み付いた加齢臭は、どのように対策をすると良いのでしょうか。
基本的には洗濯をすることになるのですが、洗濯のポイントを紹介します。

・布団やまくらに染み付いた加齢臭を落とすには?

根本的な話をしますと、布団やまくらに染み付いた加齢臭が洗濯をしても落ちないというのなら、洗濯洗剤の成分洗濯に間違いがあったと言えます。
洗濯洗剤というのは汚れの種類によって使うものが異なってくるほど、繊細なものですのでしっかりと加齢臭対策になるものを利用しましょう。
加齢臭に効果のある洗剤成分としては脂質分解酵素が含まれたものです。
一般的には消臭効果を謳っている洗剤で併用されていることが多く、加齢臭対策専用のものもあります。
また、酸素系漂白剤を利用するのもお勧めできる方法ですね。
特に襟や袖口など汚れが付着しやすい場所をきれいにするのに向いています。

・洗濯をしても臭いが落ちない場合は?

布団やまくらなどについては小まめに手入れをしていなければ、すぐに加齢臭の臭いが移っています。
それを放置していると余計に落ちにくくなり、正しい洗剤を使っていても臭いが残ることも珍しくないのです。
そこで洗濯をしても一度で洗い落とせないのなら、30分程度は40度くらいのお湯につけ置きするようにしてください。
1回の洗濯で臭いが落ちなかった場合、洗剤の量を増やして洗えばいいと判断するケースも多いのですが、実はこれに意味はありません。
きちんとした適量を入れることで最大限の効果を発揮できるように作られているからですね。

・染み付いた加齢臭は部分洗いをしよう

布団カバーやまくらカバーなどでも言えるのですが、加齢臭は強く臭いが出る場所が決まっていますので、特定の部位だけ汚れが酷くなるのも珍しくありません。
そこで特に汚れが酷い場合には部分洗いをしてしっかりと落とすことが大切です。
その方法ですが、基本的には先述したように漬け置きをしておきます。
より効果を高めたいのならお湯だけではなく、洗濯洗剤や漂白剤を併用して利用すると良いでしょう。
この時に汚れが気になる部分に洗剤や漂白剤をつけるのがポイントです。
短時間ですませたいのならブラシなどで該当部分をこすり洗いしても良いのですが、生地が傷んでしまいますので1時間ほどつけ置きしておくほうが無難でしょう。
漬け置きをした後は、そのまま他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗ってください。

衣類に染み付いた加齢臭から対策するなら柔軟剤を使ってみよう

衣類に染み付いた加齢臭は一般的な洗剤では落とすことができません。
そこで加齢臭対策をするのなら柔軟剤を使った方が良いという話があります。
この話はどこまで本当なのか確認してみました。

・加齢臭がふつうの洗剤で落ちない理由は?

加齢臭の正体はノネナールという物質になります。
このノネナールは皮脂が酸化することで発生するものであり、単純にお伝えすると油汚れみたいなものなのです。
ふつうの洗剤の場合、こうした油汚れを落とすことを目的としていないので、加齢臭がしみついた衣類は臭いが落ちにくくなってしまいます。
そこで衣類に染み付いた加齢臭対策の1つが、加齢臭の原因である油汚れを落とせる洗剤を使うというものです。
最近では加齢臭対策専門の洗濯洗剤なども販売されていますので、それを購入して利用すれば問題ないでしょう。

・加齢臭対策になる柔軟剤ってなに?

柔軟剤にしても様々な洗浄成分のものがあるのですが、加齢臭対策となるのは脂質分解酵素が利用されたものです。
脂質を分解する酵素が洗浄成分として含まれているので、皮脂の汚れを落としやすくなり、さらには漂白成分が臭いに作用してくれます。
加齢臭に特化した柔軟剤はなかなか少ないようですが、頑固な臭いに対応する業務用の洗剤などもありますので、色々とためしてみると良いかもしれません。
他にも強力な消臭成分をもった柔軟剤としては介護用品の中にあるそうです。
介護で発生する臭いを消臭することができるので、効果に期待をしても良いでしょう。

・衣類にしみついた加齢臭の対策で効果的な方法は?

ともかく衣類についた加齢臭の臭いを落とすのなら、毎日洗濯をして臭いを落としていくことが大切です。
特に肌着やYシャツなどのように肌に触れる面積が大きなものほど、加齢臭も移りやすくなりますので、その日の内に対処してしまいましょう。
放置しておくとさらに酸化が進んで酷い臭いになるケースも多く、臭いがなかなか落ちなくなりますので、早い目早い目での対処が効果的です。
また、臭いがなかなか落ちないのであれば、漬け置きをしておくと良いでしょう。
皮脂汚れを落としやすくするには40度程度のお湯に30分ほどつけておくと効果的です。
旦那さんが加齢臭で悩んでいる場合、奥さんはその対処で大変かもしれませんが、洗濯にしても毎日行うようにしてください。
他の洗濯物に臭いが移ることもあるので、別に洗うというのも1つの選択肢かもしれません。
洗濯物を別にすると怒る男性もいるでしょうが、その点はしっかりと説明をしておくと良いですね。

一日中効果が続く加齢臭対策のためのデオドラント商品の特徴

加齢臭のためにデオドラント製品を使う人も少なくありません。
デオドラント製品も日々進歩しており、1日に1回つけるだけで良いというものもありますので、手間がかからないのが人気の理由です。
そんなデオドラント製品で行う加齢臭対策はどんなものがあるのでしょうか。

・そもそも加齢臭対策でデオドラント製品は正解なの?

そもそもの話ですが、デオドラント製品で加齢臭対策になるのか疑問に思う人も多いはずです。
加齢臭とは皮脂が酸化することで発生する臭いであり、デオドラント製品では少し違うのではという疑問を持って当然でしょう。
結論からお伝えしますと、デオドラント製品を使うことで積極的に加齢臭の対策になるとは言えません。
しかし、加齢臭を軽減することはできるでしょう。
なぜならデオドラント製品を使うことによって汗の分泌を抑えることができるからです。

・デオドラント製品と加齢臭の関係って?

加齢臭というのはノネナールという物質が原因になるのですが、もともとはあまり臭いがきつくないそうです。
ではどうして鼻も曲がるほどの悪臭に変化するのかというと、生活臭や体臭が加齢臭に追加されることで臭いが変質してしまうからですね。
つまりデオドラント製品によって汗を抑制し、汗の臭いを減らすことによって間接的ではありますが、加齢臭を減らすことができると言えます。
ただし効果のほどはそこまで大きくはないでしょうから、過度の期待は禁物です。
またデオドラント製品でも香料の入っているものを使うと、加齢臭とまざりあってしまって臭いが悪化する可能性もあるのも覚えておきましょう。
ですので加齢臭対策としてデオドラント製品を使うのなら、無香料の香りがしないタイプを洗濯してください。

・ミョウバン水は加齢臭にも使えるの?

ミョウバンとは世界最古のデオドラント剤として有名なものですね。
かの世界三大美人にも数えられるクレオパトラも愛用していたとする話があります。
ミョウバンとはカリウムやアンモニウム、アルミニウムなどの金属が結晶化したもので、人体には無害で古くから親しまれてきました。
このミョウバンを水に溶かしたものをスプレーするだけで加齢臭にも効果が期待できます。
そもそもデオドラント製品としても使えるミョウバンなのですが、消臭効果がありますので加齢臭の臭いにも対応してくれるのです。
夏場などに使うとさっとさせがひくほどですので、汗臭さがきになる人は利用してみると良いでしょう。
ちなみにミョウバンは非常に安価な価格で購入できます。

加齢臭対策は口にも必要?効果的なマウスケア方法とは

加齢臭対策は口にも必要なのでしょうか。
加齢臭というと一般的には身体から発するものであり、口の中の臭いである口臭は別物とするイメージがあります。
しかし最近では加齢とともに発生する口臭のことを、口臭加齢臭と呼んでいるそうです。
そこで口臭加齢臭に効果的なマウスケアを考えていきましょう。

・そもそも口臭にも加齢臭はあるの?

先述した通り、口臭には加齢臭そのものが存在しません。
なぜなら加齢臭とは皮脂が酸化することで発生する臭いだからです。
口の中には唾液などが多く酸化することがありませんし、皮脂が存在しません。
ですので、口の中の加齢臭というのは飽くまでも口臭のことなのだと考えてください。
加齢にともなって起こる口臭には様々なものがありますので、代表的なものをいくつか紹介していきましょう。

・加齢にともなって起こる口臭の原因って?

最も良くあるのが消化器官に不調が起こっているケースです。
胃や腸などが健康的でないと、口臭が発生してしまいます。
例えばですが、胃が弱った場合は食べたものを消化しきれずに発酵してしまい、その臭いが血液中に溶け出して口臭になるパターンです。
腸の場合も同様に便秘気味であったりすると、腸内で腐敗した老廃物の臭気が口から出てしまい臭い原因となるのです。
他にも歯周病や虫歯など口の中の病気にかかってしまった場合も口臭がひどくなってしまいます。
特に歯周病の場合は酷い口臭になることが多いので、最初から注意をしておく必要があるでしょう。

・口臭対策のマウスケアってどうすればいい?

先述したような口臭が起こっている場合は、いくらマウスケアをしても根本である原因を処理しないと、いつまでも口臭が残ってしまいます。
そこで胃や腸に不安があるのなら腸内環境を改善したり、胃の活動を活発にするような食事などを心がけていくことが大切です。
例えばですが、大根おろしなどは食物の消化を手助けしてくれる効果がありますので、加齢口臭にも効果的だと言えます。
また、虫歯や歯周病が原因の場合は、ともかく歯科医に治療をしてもらってください。
歯周病は完治させることが難しい病気ですが、小まめにケアをしていくことで口臭などは緩和されることが分かっています。
マウスケアの基本としては歯間ブラシなどを使って、しっかりと歯の間もケアしていくことですね。
意外とおろそかになっていることが多いのですが、歯の間に詰まった食べかすが雑菌の温床となるので十分に注意してください。

サウナや岩盤浴を活用した加齢臭対策の効果について

サウナや岩盤浴を利用した加齢臭対策はあるのでしょうか。
結論からお伝えしますと、サウナや岩盤浴でも加齢臭対策は可能です。
ただし、直接的になにか意味があるのではなく、間接的な意味になります。
では、サウナや岩盤浴が加齢臭対策になる理由をみていきましょう。

・加齢臭とサウナ、岩盤浴の関係は?

加齢臭とは人が分泌している皮脂が酸化することで発生する臭いのことです。
そもそも若い時には含まれていなかった成分が、加齢によって顕在化することが加齢臭の大きな問題だと言えます。
この問題にサウナと岩盤浴が関係あるのかと言えば、なかなか難しい問題でしょう。
なぜならサウナや岩盤浴をいくら頑張ったとしても、そこまで加齢臭対策にはならないからですね。
では、どうしてサウナや岩盤浴が加齢臭に効果があるとされたのでしょうか。
そこに何らかの秘密があるのかもしれません。

・加齢臭と入浴と

先述したとおりに加齢臭とは老化現象の1つです。
その加齢臭対策にサウナや岩盤浴が良いとされています。
これには大きな理由がありまして、サウナや岩盤浴は身体を温めるものですので代謝が良くなるのです。
代謝が良くなれば、加齢臭の原因である過酸化脂質を作りにくくなり、最終的には加齢臭がなくなります。
そこまで効果を1回や2回の入浴では考えられないでしょうから、継続して行うことが大切です。
サウナや岩盤浴はデトックスとも言われるほど、身体の老廃物を排出してくれます。
結果、加齢臭が軽くなっていくという形に落ち着きます。
ただし、サウナや岩盤浴などは体温が上がりすぎるきらいもあるので、しっかりと水分補給を行ってから利用してください。

・加齢臭予防には温泉も効果的なの?

実は温泉でも加齢臭対策には一役を買ってくれます。
その原理としては先述したようにサウナや岩盤浴と同じです。
デトックスとして体内の老廃物を除去するだけではなく、疲れなどを癒やす効果も期待できるでしょう。
新陳代謝の促進もしてくれますので、加齢臭予防に温泉は効果的だと言えます。
また、サウナや岩盤浴がある施設では、他にも血流を良くするお風呂など様々なものがありますので、色々と自分の都合にあわせてみると良いでしょう。
他にも近年ではアカスリやマッサージなどを受けられる施設も多く、ストレスを解消するのにも使えます。
基本的に加齢臭はストレスの蓄積によっても起こりますので、なるべく自分を開放できる場所を探してみてください。

消臭効果の高いボディーソープによる加齢臭対策とはどんなものなのか

加齢臭対策をするにはともかく身体を清潔にすることです。
身体を清潔にする上で欠かせないのが入浴時に使うボディソープですよね。
そこで消臭効果の高いボディソープをお勧めしておきましょう。

・ボディソープで加齢臭は落ちるの?

基本的にボディソープで加齢臭を落とすのは難しいでしょう。
加齢臭対策では身体をきれいに洗って、湯船に浸かるのが良いのですが、この時に使うのが石鹸です。
なぜボディソープではなく石鹸なのかと言うと、ボディソープの場合は加水されているので洗浄力が劣ってしまうからですね。
また、洗浄力が非常に強い界面活性剤が利用されていることが多いので、身体の皮脂を流し過ぎる危険性もあります。
反面で石鹸ではそのようなことがありませんので、消臭効果も十分に期待できるでしょう。

・ボディソープで加齢臭対策はできるの?

先ほど加齢臭対策とするのならボディソープよりも石鹸であるとしました。
しかし、ボディソープにしてもすべてがダメなワケではありません。
中には本当に消臭効果の高いものもあるのです。
特に近年では加齢臭対策に特化したボディソープもありますので、1度は利用してみてください。
ボディソープを利用して身体を洗う前に、まずはしっかりと湯船に浸かることを覚えておきましょう。
湯船に浸かることでストレスの軽減にもなりますし、新陳代謝が活発化するので老廃物が押し流されて、加齢臭も軽減していくはずです。

・ボディソープで加齢臭対策をするのなら?

ボディソープで加齢臭対策をするのなら、ともかく配合されている成分を確認してみましょう。
加齢臭に効果的な成分としては消臭成分や抗菌成分になります。
これらの成分を多く含んでいるのであれば、ボディソープでも大丈夫でしょう。
近年では様々なタイプのボディソープが販売されていますが、それぞれの個性がありますので購入前に把握すべきです。
中には加齢臭に特化した消臭ボディソープもありますので、いくつか購入しておくと良いでしょう。
肌にあわないボディソープで無理をすると、余計に加齢臭が悪化してしまいますので注意してください。

ちなみにボディソープでの洗い方ですが、適量をタオルの上に落としてから良く泡立てていきましょう。
あとはゴシゴシと身体をこすっていくのではなく、泡で肌を洗っていくような感じにします。
最後にお湯をかけて泡を流すのですが、この時に洗い残しがないようにしましょう。
洗い残しがあれば、そこから雑菌が繁殖する危険性があるからです。

加齢臭対策のためには肌着選びが大切なの?その選び方とは

加齢臭対策のためには肌着選びが大切だと言われています。
肌着はそう何回も着替えるものではなく、1日着れば帰宅をするまでずっと身につけている人も多いでしょう。
結果として、より加齢臭がつきやすくなってしまうので注意してください。

・肌着選びには素材からこだわろう

肌着で加齢臭対策をするのなら、まずはその素材にこだわる必要があります。
一般的に私達が良く手にする衣料品の多くはポリエステルという素材です。
このポリエステルなのですが、実は加齢臭との相性は良くありません。
なぜならポリエステルは通気性が低く、汗をあまり吸わないからです。
結果的に加齢臭を悪化させてしまう可能性が高いと言えるでしょう。
肌着にしても近年では消臭効果のあるものが販売されており、その効果も持続しやすいそうです。

・肌着ってどうしても着ないと駄目なの?

基本的に肌着はどうしても着なければいけないものではありません。
特に暑い夏場だと肌着を切ることに嫌悪感を示す人も多いはずです。
そうした人こそ、実は肌着の実力を知るべきだと言えるでしょう。
ちょっとしたインナーであっても、肌着を着ているのと着ていないのでは大きな違いが出てきます。
特に夏場などは気温が暑いから肌着をなしでシャツを着る人も多いでしょう。
そうした時ほど実は肌着をつけることで、涼しくさせることもできるのです。
ちなみにスーツの下に着るときはグレーかベージュの肌着をつけておくと、シャツの下に映り込んだりしません。

・加齢臭対策と肌着について

実は加齢臭用の肌着というのも販売されているのですが、そこまでお高い品ではありません。
ですので、何枚か購入しておいてローテンションを組んで着回しをしていくと良いでしょう。
肌着にしても毎日洗濯をすることで加齢臭が染み付くのを防げます。
基本的に加齢臭というのも皮脂が酸化したものですので、油汚れの1つだと思って洗濯をするのをお勧めします。
近年では男性だけではなく、女性が着られるような肌着の販売も行われていますので、恥ずかしい思いをする前に購入してみると良いですね。

ちなみに消臭肌着には吸着式と反応式の2つがあります。
吸着式とは臭いの分子をセラミックや炭などで吸着するものを指し、反応式とは金属イオンなどで臭い成分を分解するものです。
どちらかでも良いですし、その両方の機能をもった肌着を購入するのも良いでしょう。
特に男性の場合はカラー展開、サイズなどでも幅広い選択肢がありますので、お気入りのアイテムを見つけられるはずです。

周囲の人に対する加齢臭の影響と必要な対策方法とは

体臭とは自分では分かりにくいものですが、周囲に迷惑をかけてしまう可能性も低くありません。
それがまだ一過性のものなら良いのですが、加齢臭のように継続して臭いがする場合は対策を立てた方が良いでしょう。
そもそも日本人は体臭に敏感すぎる面もあるので、加齢臭がしたからとあまり落ち込まないようにするのもポイントです。
気にしすぎることで逆にストレスがかかってしまい、臭いが悪化する可能性もあるからですね。

・周囲の人に対する加齢臭の影響とは?

加齢臭ですが、この臭いが好きといってもらえることはほぼありません。
特に女性は男性と比較すると嗅覚に秀でていることが多く、加齢臭の臭いに対しては敏感に反応してしまうそうです。
ですので、何かしらおかしいなと感じたら加齢臭であることを疑ってみるのも1つの方法でしょう。
不特定多数の人間が利用する公共交通機関などでは、自身が加齢臭を放つ人に対して不快な思いをしたというケースもありますよね。
では、どのような対策をしていけば良いのでしょう。

・加齢臭を対症療法的と根本的に対策してみる

加齢臭を一時的にでも抑えるのであれば、洋服を脱いで身体を拭い、その上で新しいシャツなどを利用するだけです。
これだけでも帰りの電車の中で、不快な顔をされる機会は減るはずです。
また、家の中ではしっかりと湯船につかって入浴をし、消臭石鹸などを使って身体を洗っておきましょう。
毎日小まめな努力をすることが加齢臭対策としていきてきます。

加齢臭とは老化現象の1つであり、皮脂が酸化することで発生します。
そこで根本的な解決方法としては体質を改善していくことが望ましいですね。
食事や運動など生活習慣を改めるだけで、かなり環境が異なってきます。
食事は緑黄色野菜や魚を中心としたヘルシーなものを食べ、抗酸化作用のある緑茶で一服しましょう。
有酸素運動を行うことを心がけておき、週に3回、1回30分程度で良いので、身体を動かして汗を流してください。
これを実行するだけで随分と加齢臭も違ってくるはずです。

・加齢臭対策は最早マナー?

加齢臭の対策をすることは最早マナーの1つと言っても過言ではありません。
それだけ多くの加齢臭対策グッズが販売されていますし、実際に利用している人も少なくないでしょう。
デオドラント剤から洗濯石鹸など様々な面で加齢臭の対策が取れるようになっています。
なかなか加齢臭があることを認めるのは難しいですが、老化現象の1つなので誰にでも起こるものなのです。
そう割りきってしまうと、後はいかに対処していくだけかになるでしょう。

若い人でも女性でも他人事じゃない?加齢臭対策を考えよう

加齢臭といえば中年男性のものと思われがちですよね。
しかし、若い人や女性でも他人事ではすまなくなってきています。
特に近年では若年層の女性や男性から加齢臭がすることでも問題になっているので、耳にしたことがある人も多いでしょう。

・そもそも加齢臭ってなに?

加齢臭とは皮膚を保護するために分泌されている皮脂が酸化することで起こる臭いのことを指します。
もともと皮脂の分泌は若い時から行われているのですが、年齢によって若い時にはなかった成分が皮脂に含まれるようになるのです。
そして、その成分が酸化することで加齢臭を発生させます。
この皮脂の酸化に大きく関わるのが活性酸素です。
この活性酸素はストレスの増大や生活習慣の乱れなどが影響をして、どんどん増えていきます。
それが若年層の男女で起こる加齢臭の正体ですね。

・どうやって加齢臭は対策するの?

加齢臭の対策としては様々な方法があります。
中でもシンプルなのは、本人に加齢臭を自覚させて毎日のケアを生活に取り込んでいくことでしょう。
まず加齢臭を根本的に軽減させていくには食事と運動を変えるのが重要です。
ファストフードやコンビニのお弁当などは悪くないのですが、毎日食べているとどうしても太ってしまいます。
そこで少し面倒かもしれませんが、魚と野菜を中心にした和食をメニューにしてください。
動物性の脂質の摂取が減るだけで、加齢臭についても軽減されていきます。
特に糖分と脂質は加齢臭の天敵ですので、対策をするのなら遠ざけておくようにしてください。

・加齢臭グッズを利用しよう

加齢臭対策で必要なのはいかに臭いの原因物質を抑制するかです。
例えば毎日のシャワーの時にいつも使っているボディソープではなく、消臭効果の高い石鹸を使うようにするなどでも大きく違ってきます。
ただ若年層の人ですと、消臭石鹸は恥ずかしくて買えないという人も多いかもしれませんね。
最近では通販でも局留めに対応してくれるところが増えていますので、一度相談をしてみると良いでしょう。
他にも加齢臭対策のグッズは沢山販売されていますので、自分にあったものを利用してください。
いかに効果のあるグッズでも自分に合わなければ意味がありませんので、注意しておきましょう。
ちなみにですが加齢臭対策の中で若い人や女性が手を出しやすいのは、消臭石鹸と消臭サプリを利用することです。
どちらか1つでも良いですし、より効果を高めたいのなら両方使ってみると良いでしょう。
加齢臭は誰にでも起こるものですが、生活習慣をきちんとしていれば軽減されることは覚えておいてください。