加齢臭対策をすぐに始めるべき生活習慣のケースとは

加齢臭と生活習慣には深い関係があります。
同じ年齢でも加齢臭がスゴい人とそうでない人がいるのは、この生活習慣が大きく関わっていると考えて良いでしょう。
では、どのような生活習慣は加齢臭を悪化させてしまうのか考えてみます。

・加齢臭を悪化させる生活習慣とは?

加齢臭を悪化させる生活習慣とは暴飲暴食、運動不足が代表です。
加齢臭が発生し始めるのは男性で40代以降となりますが、こうした生活習慣を送っている人は早くから加齢臭が出始めるかもしれません。
では、もう少し具体的に解説をしていきましょう。
加齢臭の原因となるノネナールという臭い物質は脂質の多い食品をとると増加していくことが分かっています。
また、脂質と同様に糖分を多く摂取してしまうのも皮脂の増加に繋がるようです。
他にもアルコールも加齢臭を悪化させる要因の1つになります。
つまり、揚げ物や甘いものを良く食べ、ビールを飲み、運動をしないというような生活が加齢臭を作ってしまうのです。
意外と心当たりのある方は多いのではないでしょうか。

・加齢臭の発生しにくい体質を作るにはどうすればいい?

では、加齢臭を発生させにくくするにはどうすれば良いのでしょうか。
答えとしては生活習慣を改善していくことが大切です。
食事の場合は、できるだけ脂質や糖分をとるのを避けていき、野菜を中心としたヘルシーな食事にすると良いでしょう。
特に昔ながらの和食というのは魚や野菜を中心としたものなので、加齢臭対策に効果的な食事であると言えます。
丼ものが好きな方でもお味噌汁を1杯つけるだけで、加齢臭対策にもなってくるのです。

・有酸素運動をして代謝機能をアップさせよう

もう1つのポイントになる運動ですが、これは有酸素運動を意識しましょう。
代謝機能を上げていくことが目的ですので、体内で脂肪を燃焼させていく有酸素運動の方が効果的だからです。
有酸素運動とはウォーキングや軽めのジョギング、サイクリングにスイミングなどのような運動のことを指します。
特にお金をかけなくてもできるものですので、気持ち1つで始めることができるのも特徴ですね。
基本的に1日に30分程度を目安として、できるだけ継続して行うようにするのがポイントになります。
なるべくなら毎日行うのが良いのですが、無理なら週に3回は目安として行うようにしてください。
忙しくてなかなか時間が取れないという人は通勤中にエレベーターやエスカレーターを使うのではなく、階段を利用するなどの工夫をすると良いでしょう。