加齢臭対策のシーズンはいつ?体臭が強くなる時期や季節について

加齢臭対策をするシーズンはあるのでしょうか。
一般的に加齢臭と聞くと、夏になると強くなるというイメージがあるはずです。
夏場は汗を良くかきますので、そこから臭いがきつくなると想像する人が多いのですが、実は体臭が強くなる季節は異なるのです。

・そもそも加齢臭とはなにかを知ろう

加齢臭対策をする上でまず知っておきたいのが加齢臭とはなにかです。
加齢臭とは皮膚から分泌される皮脂が酸化されることで起こる臭いのことです。
つまり、夏になると汗をかくから体臭がきつくなるのとは、また異なる原理で臭いを発していると考えてください。
むしろ汗をかくことと加齢臭の臭いが強くなるのとは関係がありません。
もともと人間の体は皮膚を保護するために皮脂を分泌するのですが、40代50代と年齢を重ねることによって代謝が落ちてきます。
若い時には含まれなかった成分が含まれるようになり、それが加齢臭の元になっているのです。

・加齢臭が強くなるシーズンはいつなの?

先述した結果から言えば、加齢臭が強くなるのは皮脂が多く分泌する季節です。
つまり秋から冬にかけてのシーズンだと言って良いでしょう。
ご存知のように夏が終わり秋から冬にかけては空気そのものが乾燥してきますし、気温そのものも下がってくるので皮脂の分泌が増えるのです。
皮脂が増えればそれだけ加齢臭の原因となる物質も多くなるので、臭いが強くなってしまいます。
また、秋から冬というのは洋服も厚着になっていく季節であり、臭いがうちにこもっていくようになるのです。
結果、家に帰ってきて洋服を脱ぐと加齢臭の臭いが一気に放出されることになり、家族が迷惑をするかもしれません。
他にも梅雨時から夏にかけては加齢臭の臭いに加えて、汗臭さが加わることでより悪臭になるケースもあります。

・体臭がきつくなる前にしておきたいことは?

体臭がきつくなるシーズンにはクリアネオの効果で汗の臭いをしっかりと取ることが大切です。
加齢臭対策でも同じことが言えるのですが、体臭が気になるのなら朝と夜には必ず入浴をして、消臭石鹸を使って臭いを落とすようにしてください。
特に加齢臭や体臭は寝ている時に強くなる傾向があるので、朝の出勤前に熱めのシャワーを浴びるようにすると、随分と体臭も違ってくるはずです。
夜にはシャワーだけですますのではなく、しっかりと湯船に浸かるのもポイントですね。
湯船に使って体を温めることで汗を流して老廃物を排出することができるので、体臭も軽減されるでしょう。
また、体臭が気になるようですとデオドラントスプレーを持ち歩くと良いですね。
最近では男性でもデオドラントスプレーを持ち歩くのはマナーの1つになってきています。