女性も他人事ではない?始めたい加齢臭対策について

加齢臭というと男性のものとするイメージを持つ人が多いでしょう。
しかし実際には女性も他人事ではないのです。
女性でも加齢臭は存在し、きちんと対策をとっておかないと大変なことになるかもしれません。

・女性の加齢臭ってなんなの?

基本的に加齢臭というのは老化現象の1つですので、男性女性問わずに起こるものなのです。
ただし女性の場合はホルモンバランスの関係で男性よりも加齢臭が発生する時期が遅くなってしまいます。
男性の場合、早い人ですと30代の終わりから40代の初めくらいに加齢臭が出てくるのですが、女性の場合は閉経後に加齢臭が起こるのです。
これは女性ホルモンの分泌が皮脂の増加を抑えることに原因があると考えてください。
閉経すると女性ホルモンの分泌が極端に低下してしまいますので、加齢臭が男性と同じように臭ってくる仕組みですね。

・女性ホルモンを増加させれば加齢臭対策になる?

更年期障害の治療法にはホルモン注射を行うことがあります。
体内で分泌されなくなった女性ホルモンを補うための処置なのですが、この注射をすることで加齢臭を抑えることができるそうです。
女性はこの更年期には大きく身体が変化していく時期ですので、加齢臭対策の一環としてホルモン注射をしても良いでしょう。
ただしずっと行えるワケではありませんので、いずれにしても加齢臭対策は必要となってきます。
では具体的にどのような方法で加齢臭の予防をしていけば良いのでしょうか。

・加齢臭の予防対策を知っておこう

加齢臭対策の1つとして良く言われるのが生活習慣の改善です。
肉類や揚げ物などを多くとるような食事内容では、加齢臭の原因となる皮脂の分泌が増えてしまいます。
特に女性の場合は甘いモノが好きな方が多いですよね。
糖分というのも皮脂の増加に関係がありますので、できるだけ控えるようにしてください。
食事の内容でいえば、昔ながらの魚と野菜を中心にした和食を中心に据えておくと加齢臭対策になるでしょう。
また、女性ホルモンと似た働きをしてくれる大豆イソフラボンを摂取するのも効果的だと言えます。
大豆イソフラボンは納豆や豆腐、味噌など大豆を使った食品に多く含まれるので、覚えておくと良いでしょう。
男性にしても大豆イソフラボンを摂取するのは悪くありません。
肌の調子を整えてくれる効果もあるので、女性にはなおのことお勧めできます。
また、生活習慣の改善をするのであれば、運動をするようにしてください。
散歩やウォーキング、ジョギングなど有酸素運動を1日に30分程度を目安として行いましょう。