加齢臭対策は何歳頃から始めるべき?気になりはじめる年齢は

加齢臭対策は何歳頃から始めていけば良いのか気になる人も多いでしょう。
実は男性のものと思われがちな加齢臭は女性でも発するものなので、男女別で加齢臭の発生する年齢などを検証してみます。

・男性の加齢臭対策は40代から?

男性が加齢臭を発するようになる年齢としては40代が多いそうです。
早い人ですと30代の終わりくらいから加齢臭が漂うようになるそうですが、基本的には40代から対策をしておけば問題ないでしょう。
そもそも加齢臭とはノネナールという臭い物質が生成されることで起こるのですが、これは皮脂の中にある脂質が酸化して発生するのです。
特に男性の場合は40代になると皮脂の分泌が活発になるので、注意をしておきたい年代だと言えますね。
もちろん加齢臭を発するのは個人差もありますので、50代でもあまり加齢臭がしない人もいます。
ただ、老化現象の1つですのでいつ起こってもおかしくないように対策はきちんとしてくべきです。

・女性の加齢臭はいつ頃から始まるの?

対して女性の加齢臭はいつ頃から始まるのでしょうか。
女性の場合は男性と違って50代の半ばから60代に入ってからになります。
なぜ男性よりも女性の方が遅いのかというと、これは女性ホルモンの分泌に関係があるのです。
察しの良い方なら気づいているかもしれませんが、女性の場合は更年期の終わりくらいから加齢臭を発するようになります。
女性ホルモンが分泌されている間は、皮脂の分泌も抑えられるからですね。
閉経することで女性ホルモンの分泌が低下し、皮脂が増加していくことで加齢臭が発生します。
ですので女性の場合は更年期障害の対策であるホルモン注射をすることで、加齢臭の対策ともなるのです。

・加齢臭対策はどのようにすればいいの?

加齢臭対策を始める年齢としては男性が40代から、女性は50代の半ばくらいからで良いでしょう。
先述したように加齢臭は皮脂の中にある脂質が酸化して起こるものですので、とかく皮脂の分泌を抑制することが大切です。
もともと皮脂は皮膚を保護したり保湿したりするものですので、身体にとって悪いものではありません。
しかし、加齢臭対策をするのであれば、余分な皮脂を分泌させないことが大切です。
特に皮脂が増加しやすい脂質の多い食べ物やビールなどのアルコールは控えた方が良いでしょう。
女性の場合は糖分の入った甘い食べ物を好む方が多いですが、糖分も皮脂を増加させる食べ物ですので注意してください。
また、過労や疲労、ストレスなども皮脂を増加させる要因ですので、週に1度はリラックスできる時間を作るのも大切です。