耳の後ろが加齢臭の発生源になっている?その場合の対策方法

加齢臭が発生する場所は多岐に渡りますが、最も代表的なのが耳の後ろです。
基本的に皮脂が酸化したことで発生する臭いが加齢臭なので、身体中のどこに起こってもおかしくはありません。
ただし、全身といっても皮脂が分泌される場所によっては多寡があります。
結果、耳の後ろから加齢臭が発生するという事態になるのです。

・加齢臭が耳の後ろからするって本当?

耳の後ろというのは人の身体の中でも皮脂が分泌しやすい場所です。
ですので、気になる場合は朝起きた時に耳の後ろをティッシュで拭ってみて、その臭いを嗅いでみると良いでしょう。
また、枕カバーの臭いを嗅いでみるのも効果的です。
耳の後ろ、首の後ろ側部分は特に加齢臭が発生しやすく、さらには他人の鼻の位置にも近いことから、不快感を与えるケースが多くなってしまいます。

・耳の後ろの加齢臭はどのように対処すればいい?

加齢臭対策の基本となるのはやはり洗浄です。
入浴時に耳の後ろをこすり洗いするようにして洗浄してください。
この時に一般的なボディソープや石鹸を使うよりも消臭石鹸を使うことをお勧めします。
消臭石鹸とは臭いを消すことに特化した石鹸であり、加齢臭の臭いも消してくれますので常備しておくと良いでしょう。
また、耳垢がたまることも臭いの原因となってしまいますので、こまめに耳掃除をするようにしてください。
ただし、耳掃除もしすぎてしまうと耳の穴を傷つけてしまうこともあるので、綿棒などを使って掃除をすると良いでしょう。
男性の場合、高齢になってくると耳の毛が生えてくることがあります。
この耳の毛にしても加齢臭の温床となってしまうので、電動シェバーなどで剃ってしまうのをお勧めします。
最近では専用のシェバーなどもありますので、恥ずかしがらずに処理をすることが大切です。

・皮脂の分泌を抑えるような生活をしよう

耳の後ろは先述したように加齢臭が発生しやすい場所ですので、ここで放置しておくと臭いが全身から発生する可能性が高くなります。
ですので、耳の後ろの加齢臭はサインだと考えて、生活習慣を正していくようにすると良いでしょう。
具体的には野菜や魚を中心とした食事に切り替える、週に3回、1回30分程度で良いから運動をして汗を流すようにしてください。
この2つを実行するだけで随分と加齢臭の臭いが軽減されるはずです。
また、ストレスを蓄積するのも良くありませんので、週に1度くらいはリラックスできる時間を作るようにしましょう。
読書をするのでも音楽を聞くのでも睡眠をとるのでも何でもかまいません。