加齢臭対策に効果的なハーブの種類と取り入れ方法について

加齢臭というのは何も本人にだけ臭いがつくものではありません。
時には部屋に臭いが移ってしまったり、衣服に移ることもあります。
そうした時にハーブを使ったアロマオイルを利用すると良いでしょう。

・ハーブを加齢臭対策に使うには?

ハーブを加齢臭対策に使うには様々な方法があります。
代表的なのはアロマオイルとして香りを部屋に満たす方法でしょう。
例えばですが、サイプレスというハーブがあります。
ヒノキ科のハーブでアロマオイルで利用すると、森の中にいるような香りで部屋を満たしてくれるでしょう。
他にもティートリーというハーブがあります。
ティートリーは強い殺菌効果を持つハーブ・アロマであり、デオドラント効果が期待できるので、スプレーにして自分の身体にかけても良いでしょう。
同じようなハーブにはレモングラスがあります。
レモングラスはレモンと良く似た香りのするハーブであり、クセがないので万人が利用できるものです。
抗菌作用の強さがあり、上品な香りが広がるのでアロマオイルとして使っても、スプレーでデオドラント剤として使うことができるでしょう。
料理で良く使うローズマリーも同じような殺菌効果があり、入浴時にオイルを浴槽に1滴だけ垂らしても効果が出るはずです。
ハーブは多岐にわたって使用できますので、抗酸化作用の強いハーブを利用してお茶を飲むというのもお勧めの方法になります。

・ハーブは加齢臭に効果があるの?

加齢臭が発生する仕組みは脂質が酸化することにあります。
この時に常在菌という人間の皮膚にいる細菌が関係しているので、抗菌作用を持つハーブは非常に効果があると言って良いでしょう。
また、臭いを上書きしてくれるような作用もありますし、香水のようにスプレーするにしても人工的な香りではないので、男性でも使いやすいのです。
ただし、加齢臭の臭いによっては悪臭へと変化してしまうことがあるので、香水のようにして使うのであれば、まずは家の中で試してみて家族に確認してもらった方が良いですね。

・ハーブを使ったシャンプーもあるって本当?

実は天然のハーブのみを利用したシャンプーも存在します。
一般的なシャンプーと比較すると価格は高めなのですが、肌にも優しいですし、抗菌作用や消臭作用が期待できますので、加齢臭で悩んでいる人にもお勧めできるアイテムです。
頭皮から加齢臭がしてしまうというケースも多いので、いくらシャンプーしてもなかなか加齢臭が取れないというのであれば試すだけの価値があります。
一般的なシャンプーの場合、消臭効果などはあまり期待できませんし、加齢臭の原因であるノネナールを落とすことも難しいようです。
ですので、頭皮からの加齢臭に悩んでいるのならハーブシャンプーを利用しても良いでしょう。