おじさんでも使いやすい加齢臭対策に良い香水選びのポイント

加齢臭対策の一環として香水を使う人も少なくありません。
古くから体臭を隠すために使われてきた香水ですが、加齢臭対策として効果があるのでしょうか。
おじさんでも使いやすい香水とあわせて解説をしていきましょう。

・香水で加齢臭対策はできるの?

結論からお伝えしますと香水で加齢臭対策は可能です。
ただし、どんな香水でも良いという話ではありません。
香水選びに失敗してしまった場合、下手をするとさらなる悪臭になる可能性があるからです。
ですので、香水で加齢臭対策をするのであれば、お気に入りの香りで選ぶのではなく、自分の体臭にあったものが必要となってきます。
基本的に加齢臭といっても臭いには個人差がありますので、色々と試してみるのも良いかもしれません。

・おじさんでも使いやすい香水ってあるの?

日本人の男性は日頃から香水をつけるという習慣がありませんよね。
多くの人が香水などはつけずに生活をしているのですが、欧米では日常的に使われているものです。
では、おじさんでも使いやすい香水とはどんなものかというと、万人が毛嫌いしないような匂いのものが良いでしょう。
あまり個性的な香水をつけていると、加齢臭とまじって酷い臭いになる可能性が高いです。
特に加齢臭対策の一環として香水を使う場合は、似たような系統のものは避けてください。
一般的にはムスク、白樺の香りなどは加齢臭にあわせてはいけないとされています。

・加齢臭に効果的な香水ってなに?

加齢臭対策としてヒョク使われている香水としてはオレンジやレモン、グレープフルーツなどの柑橘系の香りです。
これらの香りはさっぱりとしていて、万人が不快感をいだきにくいので、体臭隠しとして使うにはもってこいだと言えるでしょう。
ただし、柑橘系の香水は持続時間が短いので、小まめに付け足していく必要があります。
ですが、つけすぎてしまうと、周囲の人が不快になりますので、その点は注意しておきましょう。
他にもおじさんが使いやすい香水としてはラベンダー、ローズマリーなどの爽やかな系統のものも良いですね。
ラベンダーやローズマリーなどは香りの持続時間も長いので、小まめに付け足す必要がないのも魅力だと言えます。

香水をつける上で気をつけたいのは、どこにつけるのかでしょう。
加齢臭は耳の後ろ、首筋あたりから出ることが多いので、この辺りを重点的につけてみてください。
初めて香水を使うという男性は、売り場の人に香水の付け方、付け直す時間などを確認しておくとグッドです。