加齢臭対策なら衣類の洗濯方法を根本から見直してみよう

干してある旦那さんの洋服からふわっと漂う嫌な香りは加齢臭かもしれません。
実は加齢臭の臭い成分は衣服に移ることでも知られており、下手をすると同じ洗濯中の衣類にも移ることがあるそうです。
そこで加齢臭対策をするのなら衣類の選択方法を見直す必要もあるでしょう。

・洗濯をする前にちょっと工夫をしよう

基本的に加齢臭の臭いというのは皮脂が酸化したものになります。
特に男性の場合はYシャツの襟首部分に付着することが多く、加齢臭の臭いが染み付いてしまうケースも少なくありません。
そこで皮脂を落とすにはどうすれば効果的なのかを考えてみると、基本の方法としてはお湯につけこむというものがあります。
主婦の人なら経験があるでしょうが、お皿についた油を落とすときにお湯を使って落としていませんか。
これと同じことで皮脂もお湯につけることで洗いやすくなるのです。
洗濯する衣類の生地にもよるのですが、大抵は40度から50度くらいなら大丈夫でしょう。
すでに皮脂がかなり染みこんで黒ずんでしまっているような場合は、お湯だけではなく洗剤と漂白剤を入れて30分くらい漬け置きしてください。

・洗濯の洗剤にもこだわろう

加齢臭対策の洗濯としては洗剤にもこだわっておくと良いでしょう。
特に洗剤については消臭効果を高めたものなどもあるので、それらを利用してみてください。
中には加齢臭対策用の洗剤などもあるそうです。
また、洗濯洗剤と同様にこだわっておきたいのが漂白剤になります。
漂白剤にも様々なものがありますが、加齢臭対策として使われているのは酸素系の漂白剤ですね。
他にも塩素系漂白剤を使って漬け置きをすると、頑固な汚れもとれやすくなります。
また、重曹を使うのも選択肢の1つです。
重曹はアルカリ性であり皮脂の汚れも落としやすいのが特徴で、さらには高い消臭効果もあるので使ってみて損はありません。

・どのくらいの頻度で洗濯した方が良いの?

加齢臭対策として洗濯を利用するのなら、身に付ける衣類については毎日洗濯するようにしてください。
一人暮らしの人ですと、ついつい洗濯物はためてしまいがちですが、その間に臭いが他の衣類にも移っていく可能性があります。
ですので、できるだけ毎日洗濯するようにしてください。
特に肌着やYシャツなど肌に触れる頻度の高いものは、毎回漂白剤を使っていても問題ありません。
また、加齢臭が移りやすい枕カバーなども、毎日洗濯した方が良いでしょう。
仮に洗濯できなくとも予備を購入しておき、2日に1回は交換するようにしてください。