加齢臭対策のために始めたいお風呂への入浴方法とは

加齢臭対策として入浴方法を考えるのは悪い選択肢ではありません。
お風呂での入浴というのは加齢臭対策としては、かなり効果的ですのでどのようにすれば良いのかを考えていきましょう。

・お風呂に入るのは加齢臭対策になるの?

お風呂に入ることで加齢臭の対策になるのという人もいますが、実は2つの意味で効果が期待できるのです。
1つは入浴時に身体を洗浄することで加齢臭を落としてさっぱりできるでしょう。
もう1つは湯船にゆっくりと浸かることで代謝を促進し、加齢臭の原因を除くことができる点です。
最近では入浴はシャワーのみとする人も少なくありません。
しかし、実際にはきちんと湯船に浸かることが加齢臭対策にも有用なのです。

・お風呂に入って加齢臭対策をしよう

湯船に浸かることで加齢臭対策になる理由として、1つは汗腺から汗をだして老廃物を流してしまう点にあります。
身体に老廃物がたまっているとそれだけ体臭が臭くなってしまいますし、加齢臭にも良い影響を与えることはありません。
また、身体が温まることで代謝機能も活発になるので、皮脂が酸化されるリスクを低減することができます。
これらの2つの点から入浴をして、湯船にゆっくりと浸かるのはかなり効果的だと言えるでしょう。

・湯船に重曹やお酢を入れてみよう

お湯にただ浸かるだけでも加齢臭対策として効果があるのは先述の通りです。
そこでさらに加齢臭対策とするのであれば、湯船にお酢や重曹を入れてみると良いでしょう。
コップ半分くらいのお酢を湯船に入れるだけで良いのでお手軽ですね。
お酢には皮膚を弱酸性に保つ効果があり、殺菌作用から雑菌の繁殖を防ぐことができます。
また、お酢に含まれるクエン酸の効果によって発汗サイクルを促進することもできるので、汗をいつもよりかきやすくなるのです。
重曹の場合は消臭効果が高く、湯船につかるだけで加齢臭の臭いを軽減してくれるのが特徴でしょう。
他にもモデルさんなどが行っている日本酒風呂というのも加齢臭対策になります。
日本酒をコップ半分ほど湯船に入れるだけで、新陳代謝が促進されて汗の出が違ってくるそうです。
湯上がりもさっぱりとしており、美肌効果が期待できるので女性にお勧めの加齢臭対策かもしれません。
ただし、血圧の高い方や心臓に不安のある方は入浴そのものが身体の負担になる可能性があるので、医師と相談の上で行うようにしてください。