布団やまくらに染み付いた寝具の加齢臭対策はどうしたらいい?

加齢臭とは衣服や寝具などに臭いが移ってしまうものでもあります。
そこで布団やまくらに染み付いた加齢臭は、どのように対策をすると良いのでしょうか。
基本的には洗濯をすることになるのですが、洗濯のポイントを紹介します。

・布団やまくらに染み付いた加齢臭を落とすには?

根本的な話をしますと、布団やまくらに染み付いた加齢臭が洗濯をしても落ちないというのなら、洗濯洗剤の成分洗濯に間違いがあったと言えます。
洗濯洗剤というのは汚れの種類によって使うものが異なってくるほど、繊細なものですのでしっかりと加齢臭対策になるものを利用しましょう。
加齢臭に効果のある洗剤成分としては脂質分解酵素が含まれたものです。
一般的には消臭効果を謳っている洗剤で併用されていることが多く、加齢臭対策専用のものもあります。
また、酸素系漂白剤を利用するのもお勧めできる方法ですね。
特に襟や袖口など汚れが付着しやすい場所をきれいにするのに向いています。

・洗濯をしても臭いが落ちない場合は?

布団やまくらなどについては小まめに手入れをしていなければ、すぐに加齢臭の臭いが移っています。
それを放置していると余計に落ちにくくなり、正しい洗剤を使っていても臭いが残ることも珍しくないのです。
そこで洗濯をしても一度で洗い落とせないのなら、30分程度は40度くらいのお湯につけ置きするようにしてください。
1回の洗濯で臭いが落ちなかった場合、洗剤の量を増やして洗えばいいと判断するケースも多いのですが、実はこれに意味はありません。
きちんとした適量を入れることで最大限の効果を発揮できるように作られているからですね。

・染み付いた加齢臭は部分洗いをしよう

布団カバーやまくらカバーなどでも言えるのですが、加齢臭は強く臭いが出る場所が決まっていますので、特定の部位だけ汚れが酷くなるのも珍しくありません。
そこで特に汚れが酷い場合には部分洗いをしてしっかりと落とすことが大切です。
その方法ですが、基本的には先述したように漬け置きをしておきます。
より効果を高めたいのならお湯だけではなく、洗濯洗剤や漂白剤を併用して利用すると良いでしょう。
この時に汚れが気になる部分に洗剤や漂白剤をつけるのがポイントです。
短時間ですませたいのならブラシなどで該当部分をこすり洗いしても良いのですが、生地が傷んでしまいますので1時間ほどつけ置きしておくほうが無難でしょう。
漬け置きをした後は、そのまま他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗ってください。