衣類に染み付いた加齢臭から対策するなら柔軟剤を使ってみよう

衣類に染み付いた加齢臭は一般的な洗剤では落とすことができません。
そこで加齢臭対策をするのなら柔軟剤を使った方が良いという話があります。
この話はどこまで本当なのか確認してみました。

・加齢臭がふつうの洗剤で落ちない理由は?

加齢臭の正体はノネナールという物質になります。
このノネナールは皮脂が酸化することで発生するものであり、単純にお伝えすると油汚れみたいなものなのです。
ふつうの洗剤の場合、こうした油汚れを落とすことを目的としていないので、加齢臭がしみついた衣類は臭いが落ちにくくなってしまいます。
そこで衣類に染み付いた加齢臭対策の1つが、加齢臭の原因である油汚れを落とせる洗剤を使うというものです。
最近では加齢臭対策専門の洗濯洗剤なども販売されていますので、それを購入して利用すれば問題ないでしょう。

・加齢臭対策になる柔軟剤ってなに?

柔軟剤にしても様々な洗浄成分のものがあるのですが、加齢臭対策となるのは脂質分解酵素が利用されたものです。
脂質を分解する酵素が洗浄成分として含まれているので、皮脂の汚れを落としやすくなり、さらには漂白成分が臭いに作用してくれます。
加齢臭に特化した柔軟剤はなかなか少ないようですが、頑固な臭いに対応する業務用の洗剤などもありますので、色々とためしてみると良いかもしれません。
他にも強力な消臭成分をもった柔軟剤としては介護用品の中にあるそうです。
介護で発生する臭いを消臭することができるので、効果に期待をしても良いでしょう。

・衣類にしみついた加齢臭の対策で効果的な方法は?

ともかく衣類についた加齢臭の臭いを落とすのなら、毎日洗濯をして臭いを落としていくことが大切です。
特に肌着やYシャツなどのように肌に触れる面積が大きなものほど、加齢臭も移りやすくなりますので、その日の内に対処してしまいましょう。
放置しておくとさらに酸化が進んで酷い臭いになるケースも多く、臭いがなかなか落ちなくなりますので、早い目早い目での対処が効果的です。
また、臭いがなかなか落ちないのであれば、漬け置きをしておくと良いでしょう。
皮脂汚れを落としやすくするには40度程度のお湯に30分ほどつけておくと効果的です。
旦那さんが加齢臭で悩んでいる場合、奥さんはその対処で大変かもしれませんが、洗濯にしても毎日行うようにしてください。
他の洗濯物に臭いが移ることもあるので、別に洗うというのも1つの選択肢かもしれません。
洗濯物を別にすると怒る男性もいるでしょうが、その点はしっかりと説明をしておくと良いですね。